もっと見て貰いたい!「WRC世界ラリー選手権」

WRC




 日本人に馴染み深いモータースポーツと言えば、F1だと思います。しかし、世界で人気なのはなにもF1だけではありません!サーキットでは味わえない、危険な魅力が詰まったWRCこそ4輪の王様だと思うのですが、知ってますWRC?


 ラリーはF1などのサーキットレースと違って、一部のエリア以外は他車と並んで走る事はまずありません。マシン同士が接近しあって競うレースに慣れている方には、「何それつまんない!」で終わる可能性もあるでしょう...しかし!一台ずつ走るからこそ、コース幅ギリギリの極限走行が可能なのです。



 ラリーで使われるコースは、普段普通の一般道である事がほとんどなので、道幅も狭く、細かいコーナーやジャンプスポットなど、ここを攻めるなんてバカかと思えるコースばかりww

 そんな危険なコースを、極限まで攻めるためにも必要な要素として、”コ・ドライバー”と呼ばれるナビゲーターの存在も欠かせません! 次に通るコースの状況を、”ペースノート”と言う事前にコースを調べた内容を記したメモをたよりに、ドライバーへと伝え、ドライバーはその情報によってコーナーへの侵入スピードやコース取りを決めて走るので、コ・ドライバーとの信頼関係が無ければ、彼等は実力を発揮する事は出来無いのです Σd(>ω<`)



 いくらナビがいるとは言え、時に断崖絶壁のようなコースで、マシンコントロールを失ったら真っ逆さまな場所でレースをしたり、氷ついた路面を神業なハンドリングで信じられないハイスピードで駆け抜けたり、どんな条件下でもフラットアウトが当たり前に走るドライバー達には本当に驚かされます。 彼等の運転するマシンの車載カメラが映す映像だけでも、恐怖する事間違いないですよ (||゚Д゚)ヒィィィ!

 しかもほとんどのコースで、走行中マシンに近い場所での観戦が可能なため、生で観る事が出来たら、テレビ放送の比では無い迫力でしょう確実に!!死ぬまでには絶対観に行きたいよこれは(☆∀☆)


 ただWRCも、最近の不況の影響で日本の車会社が撤退したため、ほぼ2社の戦いになっています。フィンランドのエース”ミッコ・ヒルボネン”を擁す、”BPフォード・アブダビチーム” VS 常勝の王者”セバスチャン・ローブ”率いる”シトロエン・トタルチーム”との、真っ向勝負に近いですね....



 それでもオフロードは何が起こるか分からない!道ばたの雑木や石、迷い込んで来た一般車両、道路を横切る野生の動物達がいたりと、自然との戦いでもあるんですね~(´~`)


 今年は、去年王者ローブと競り合ったヒルボネンの調子が今ひとつなので、盛り上がりに欠けるかと思いましたが、今年は同じセバスチャンでも、”セバスチャン・オジェ”の走りが半端じゃない!!若い選手とは思えない落ち着きのレース運びは勿論、タイヤやマシンへの負担を上手くコントロール出来る才能を持ち合わせる彼は、間違いなく未来のチャンピオン候補です。



 彼はローブと同じくシトロエンチームなので、不本意なチームオーダーに泣かされる事も少なくないですが、思い切りが良く、安定した良いドライビングで、とうとう第6戦ラリーポルトガルで初優勝を果たしました。 その活躍が認められ、ジュニアチームからトップチームに期間限定ではありますが昇格!!史上2番目に早い初優勝を成し遂げた、彼の躍進にますます期待が高まります♪┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ




 さあ、僕のつたない文面では、WRCの魅力の半分も伝わらないでしょうが、だまされたと思って観てみて下さい。”見たい”より”乗りたい”と心揺らされる、WRC世界ラリー選手権は、スカパーや各種ケーブルテレビの”J sports ESPN”(http://www.jsports.co.jp/)と言うチャンネルで視聴可能なので是非どうぞ~♪ さあ次は誰がぶっ飛んでくれるんだろう~めっちゃ待ち遠しいぃよぉ~(*´∀)ノ;・.*‐+*・.,;/




ネット社会にデビュ~して、忙しい日々に思う事。

 最近何かと忙しく、ろくにブログの更新する事が出来ていないので、なんとかしたいのですが眠い....まあそんな眠い原因を作ってくれた日本代表には、その分良い試合を見せてくれたので感謝していますがww
 
 原因と言えば、twitterもその原因の一つでしょうね♪フォロワーさんのつぶやきの面白さに思わず反応したり、ブログネタになりそうな事もtwitterで済ませてしまったり、どんどんブログ更新の為の時間とネタが尽きていってしまうw

 ただ、交流の少ない世界で好きな事をやり続けるより、自分の生活に制限が付いたとしても、みんなで分かち合う楽しみ方が出来る今のほうが僕は楽しいです。
 そんなささやかな楽しみの為に春から始めたブログももうすぐ1000HIT!ほとんどは、twitterの仲間達のおかげだと思います。いつも本当にありがとうございます(_ _;) 
 
 ブログのタイトルにもあります通り、節操無くあらゆるジャンルの世界が好きなので、これ一つ!と決めてらっしゃる方々には、大変見辛いブログになってませんか? BLから3丁目防衛軍まで、戦車から鉛筆まで売ってる○菱みたいに、自分でも共通点が分からなくなるほど幅広い趣味な気がします。ついて来れない記事はこれまで通り、即スルーしてこれからもお付き合いしていただけると幸いです♪

 
 では、明日から更に違う自分を追い求める旅を再開しよう!? まだまだこれから~いっくぞぉ~~~~~~~~~~~3
 
posted by lain at 03:40北海道 ☀雑記

デンマーク戦の前にサッカーゲームの流れを振り返る。

 Jリーグが始まるまで、サッカーの認知度はかなり低かった当時の日本。男の子達は当たり前のようにプロ野球選手を夢見ていた。



 ゲームの世界も同じくさびれたアーケード街のように、ろくなゲームが無かったあの頃....サッカーゲームと言えば、ファミコンの”サッカー”くらい?しょぼいゲームだったのはおぼえてるけど、あんま記憶に無いなぁ? それよりは、PCエンジンの”パワーイレブン”でしょう。真上からの視点が斬新なうえ、パワーアップボタンを押してるあいだ選手が強化され、ゲージが無くなるまでは使用出来る。パワーアップボタンの使いどきを計算してプレイするのが楽しかった。



 他にもあのヒューマンの”フォーメンションサッカー”も良作だったな~ボールを上手くコントロール出来るようになると、格段に楽しめるようになったし、あの時期の最高峰じゃない?ヒューマン良かったのあの時期だけだけどね..... 



 それからJリーグが始まった93年からは、怒濤のサッカーゲーム発売ラッシュ!ファミコンの人気キャラ”くにおくん”が活躍する”くにおくんの熱血サッカーリーグ”、セガの超傑作?”Jリーグプロストライカー”、そして、当時の定番サッカーゲームと言える”プライムゴール”、流石にJリーグ元年だけあって、どのゲームもかなりプレイした覚えがあります♪

 やり易く奥が深いプライムゴールがやはり一番人気があったかな?くにおくんは、くにおくんで、傑作でしたがwwそれでも個人的にはプロストライカーが一番楽しかったです。1より2の方が面白いけどねww 縦攻めのフォーメンションサッカーに慣れた僕には、横攻めのプライムゴールより、プロストライカーの方があっていたのかもw


 翌年以降も、エポック社のエキサイトステージやハドソンのJリーグスーパーサッカー、そして今では国内サッカーゲーム唯一のゲームになった?”ウイニングイレブン”が95年に発売!実況付きで簡単操作でやりごたえのあるタイトルでしたから、今も人気が高いのも納得でしょう。最近ちょっとごたついてるけどねww



 ちなみに、実況だけならスーパーサッカー95の方が出るのが早かったんですよね~スーファミでの実況は驚きでした!でもね、あのゲームの本当の驚きは、ゲームスピードの変更が出来た事でしょう!今なら到底プレイ出来そうもない超ハイスピードで、友人がやっつけ試合をしていたのが懐かしいです....(*´∀`*)




 予選リーグの前に、まあだらだらと書いてみましたが、上手くまとまりませんねww記事書くより、普通にプレイしたくなって来たし、でもデンマーク戦考えて早く寝なきゃならないし、脳内混戦中!?(x_x)


 まあとにかく!!まず飯だなぁ~ψ(*`ー´)ψ