今週の写真まとめ。

今週も仕事をさぼりつつ、iPhoneで撮った写真達です。

IMG_4133.JPG
 何となく雲を


IMG_4113.JPG
 親子がいたもんでw


IMG_4093.jpg
 咲いたばかりなのに雨で散ったのでヤンス...


IMG_4098.jpg
 仕事帰りにポチッと


IMG_4102.jpg
 肉眼ではもっと紅かった


IMG_4105.JPG
 紅さが田んぼを照らして怪しげ


IMG_4137.JPG
 夜が近づき群青にそまる空

 
 基本夕暮れ時に、きままに撮ってるのでたいした事ないですww 全て自然のなせるわざです♪
posted by lain at 22:53 🌁Comment(0)写真

僕はこの人に育てられた「SEATBELTS SPACE BIO CHARGE (菅野よう子)」

写真-30.jpg


 「ひとつめの言葉は夢、眠りの中から...胸の奥の暗闇を、そっと連れ出すの....」
マクロスプラスのテーマ曲"Voices" 僕の中に”菅野よう子”が、この歌とともに居座ってからはや16年。あの時から彼女の曲が頭から離れた事は一度も無い。
 
 マクロスプラスのAIアイドル”シャロンアップル” その設定から、彼女の歌には特殊な魅力が必要だった。そのために監督が選んだのが菅野よう子。実際には存在しないアイドルの歌を、見事にあらわした無国籍でジャンルを問わないその曲は、トラウマにもにた感動を与えてくれました(≧ω≦。)
 それまでバンド活動やゲーム音楽を作曲していた彼女にとって、大きな転機だったと思います。 この時知り合った渡辺信一郎監督との縁で、参加した”カウボーイビバップ”のサントラにいたっては、日本ゴールドディスク大賞”アニメーション・オブ・ザ・イヤー”を獲得するまでに...
 
 そしてこの時結成したのが”SEATBELTS" 彼女の周りを固める才能達が集まり出来たこのグループはとんでも無い曲ばかり作りやがった(o_ _)ノ彡☆
 この方々の名曲については、皆それぞれ好きな曲がある事でしょう。哀愁たっぷりなビバップが好きな方、おヒゲに大人の魅力を感じたターンAガンダム、アクエリオンで合体が楽しくなった方、まさに時空を超えた歌を届けたマクロスFが好きな方、語り尽くせないほどの彼女の曲に、僕たちの"喜怒哀楽"は揺り動かされてきたのでは無いでしょうか?
 
 これだけの曲達を生み出してきた彼女ですが、自らのオリジナルアルバムは一枚もありません。すべてクライアントの要望に聞き、製作者の熱意に応え、音楽を作り続けているのです。それも職人堅気で良いかもしれませんが、いつかは彼女自身のアルバムを聴いてみたいと思もうのはワガママでしょうか?(´-ω-`)
 
 僕の音楽の幅は、菅野よう子と言う存在のおかげで広がった。坂本真綾は勿論、新居昭乃、山根麻衣、Raju Ramayya、彼女等に出会えたのも菅野氏のおかげです(≧▽≦)ノ
 
 これからも菅野よう子と言う巨星に、新しい曲との出会いを、お祈りしようと思います☆彡   (-人-;)
posted by lain at 20:55 🌁Comment(0)音楽

雨に流れる過去との邂逅。「HEAVY RAIN(ヘビーレイン)」Quantic Dream/ソニー/2010年/PS3/感想




  雨の日に起こる殺人事件。その現場にはいつも蘭の花と折り紙が...



 プレイヤーは4人の主人公を操作して、街で起こった”折り紙殺人事件”に巻き込まれていきます。過去に息子を自分のミスで亡くした経験のある”イーサン・マーズ”  そんなイーサンとふとしたきっかけで知り合い、事件に巻き込まれていく女性”マディソン・ペイジ”  折り紙殺人鬼の被害者からの依頼で、事件を調べている探偵”スコット・シェルビー”  『ARI』と言う特殊なインターフェイスを使用し、事件を捜査するFBI捜査官”ノーマン・ジェイデン” それぞれの理由で真実に近づいてゆく主人公達...そして驚愕の事実が暴かれる。

 洋画、海外ドラマのサスペンスが好きであれば、間違いなくハマるシチュエーションです。 少し痛いシーンもありますのでお気をつけて...(||゚Д゚)


 このゲームの魅力は勿論脚本だけではありません。注目すべきは、流れる映像、TVの中で起こる事柄に、プレイヤー自らが介入する事によって、ストーリーへの没入感が増すようにゲームシステムが出来ている事でしょう。同じ様にメタルギアソリッドも、デモシーンへ介入する場面はありますが、このゲームの場合は全編がそうです。

 HEAVY RAINは、あらゆる状況で、QTEのように画面表示された操作を行う事になるので、ムービーだと思っても、油断出来ませんw このシステムのおかげで、ムービーの長さを感じず、テンポ良くストーリーを楽しめ、止め時を失う事間違いありません(*^m^*) ムフッ

 ただ、初期型PS3との相性の悪さや、ムービー以外でのキャラクターの操作にややストレスを感じるかもしれません。それでもあまりあるほど、楽しめるとは思います。


 ちなみに、このゲーム4人全員死んでもゲームオーバーになりません。誰が死に、誰が生き残るかで、違うEDを味わう事になります。このへんも新しい要素な気がします。


 それほど操作は難しいゲームではありませんので、初心者であっても問題無いと思います。プロローグのチュートリアル的なシーンをこなした時には、もうイーサンにあなたはなっている事でしょう。言い過ぎか?( ´_ゝ`)プッ


 QTEの新しい姿を感じる、インタラクティブゲームが誕生したと思える秀作でした。パッケージの”鼻”は気にせず、購入してみて下さ~い(≧▽≦)☆