強がることと甘えることは~♪結局少しも変わらない~♪「everywhere/坂本真綾/flying DOG/2010年/音楽」

写真-5.jpg 

 歌手としての坂本真綾、少し前までの彼女は、単独で語られる事が少なかった...ファンは一様に菅野よう子との組み合わせを愛し、菅野よう子と岩里祐穂と言う大き過ぎる存在が、ある意味彼女を殺していた
 ただし、彼女が今の様に認知されるためには、絶対に必要な人達だった。二人の才能に手を引かれ前に進んだ彼女は、いつのまにか自身による作詞を始め、自ら作曲家を選び、ベスト版では作曲にまでチャレンジするまでになった。
 正直、声優デビュー当時から考えると、二人の手を離れた彼女の歌が、ここまで認知されるとは思っていませんでした。彼女の綺麗な低音を生かせる、菅野よう子の力が必要だと信じていたからです。でも、ループを聴いた時それは間違いだったと気づかされました。まだぎこちなくとも、歩みを止めない彼女の姿勢に、この先の道への不安さえ楽しみに変えられる"思い"を感じたのです...おかげでやっと僕は、本物の坂本真綾の"ファン"になれた。
 古参のファンも、新参のファンも、彼女の歩いた道を確かめよう、"ID"とも言えるこのベストアルバム「everywhere」で。
 
 いつまでも成長を続ける、男前な坂本真綾をこれからも応援しよう!! 大好きだマーヤww

 
posted by lain at 22:04Comment(0)音楽

唐突ですが、皆さんはジョニーデップのどの辺が好きですか?「アリス・イン・ワンダーランド/ティム・バートン/ジョニー・デップ/2010年/映画」



仮装麗人ジョニーデップ、どの辺が好きか考えると説明しにくいんですよねぇ.. 
 
 彼の主演作品を観て、いつも思うのは"本当のジョニーデップは何処にいるのか?"です。どんな役者でも、演技中にの自分が出る事があるのに対して、彼にはそのの部分を全く感じない気がするのです!?(多分考え過ぎww)
まあ、そんなふうに僕が考えてしまうほど、彼はあらゆる役にのめり込んでいると思うんです。ハサミ男に、アル中映画監督、赤いターバン海賊、甘い物好きの工場長、etc... 観ているこっちが不安になるくらい..何が不安かって? そりゃ..ほら..あるでしょ、自...とかね(~ ~;)
でもそんな危うさこそ、彼の魅力であり、僕もそんなジョニーデップが好きだっ!! 良質な演技を観たい反面、それを求めれば彼の役者としての寿命を短くしてしまわないか?そんな事を考えてしまうのです。
 尾崎、マイケル、塩沢、セナ、etc...僕の大好きだった、過去形でしか語れない方々の仲間入りはして欲しくはありません! 

いつか本当の自分を人前で化粧もせず、演じて欲しいと切に願います。


 えっ、アリスの話はしないのかって?それは、是非自分の眼で確かめて下さいww 3Dメガネ掛けてね(^ ^)b


 公式HP http://www.disney.co.jp/movies/alice/index3.html

バッテリーバックアップは信用するなww「ファイアーエムブレム外伝/任天堂/ファミコン/1992年/ゲーム」

写真-3.jpg

 ふぁ~いあぁ~え~むぶれむ♪て~ごわいしみゅれ~しょん♪ 

 ファミコンウォーズには負けるが、任天堂節が利いた一度聴いたら忘れられないCMソングに乗って、ファミコンに登場したターン制シミュレーションRPG「ファイアーエムブレム」。
 これまでのシミュレーションとは違い、骨太なストーリー、思わず感情移入してしまうキャラクター達。この作品が出た後、シミュレーションRPGの方向性が決まってしまったと言っても過言では無いでしょう!
 だがしかし!!あえて僕は外伝オススメしたい!! ただ単に、僕が一作目をクリアしていないから...と言う理由だけでは無いですよww
 前作との大きな違いと言えばやはり、武器の回数制限の撤廃、魔法はHPを消費して使う、この2つが大きな違いでしたね。 特に僕が気に入っていたのは、HPを消費しての魔法使用です。どんなにファンタジーでも、魔法を使えば疲れるはず、そんなリアルさが僕にはしっくりきました。
 レベル上げも、繰り返し同じステージにチャレンジ出来るため、最強の戦士が出来るまで散々戦い続けましたねぇ…でも、いつも肝心な所でバッテリーバックアップが容赦なく、セーブデータ消してくれるのです…今こんな仕打ちを受けたら二度とプレイしないかもww

そんな苦い思いの甲斐があってか、ラスボスにトドメをさした瞬間が忘れられない思い出の一本になりました。


 ちなみにWiiのバーチャルコンソールで買う事も出来ま〜す♪→ http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_feg/