作るにはお金以上に必要なものがある「ラ・ラ・ランド」デミアン・チャゼル(監督)/感想

※ネタバレる






なんでラ・ラ・ランドなのか全く分からなかったが、久々にアメリカはでかい国だと思った。




撮影場のカフェで働く冴えない役者の女と、昔ながらのジャズを後生大事にしている偏屈男が、最悪の出逢いをきっかけに男女の関係となるも、夢と現実に2人の甘い生活は翻弄され、最終的には別々の道を歩むことになるまでを描いた、ただそれだけのことなのに、なんだかとても濃密な時間を共有した気分になれる良い映画だった。少々女性に都合の良い話ではあるように思うものの、女性より男の方がロマンチストであることを如実に表現しており、どちらかを一方的に断罪するように扱っていない点も好印象。

ただ、冴えない役者の女性がアメリカの派手な空間(プールサイドでのパーティなど)に疎外感を感じている辺りには、凄くアレルギー反応が出てしまった。結局自分に自信が無いからそういった場を楽しめていないだけなのであって、本当はパーティを楽しみたくて仕方ないという気持ちが内面から溢れかえっていたのが嫌で嫌で仕方なかったのだ。

彼女は役者として成功し、自分が憧れた存在になるわけだが、まるでそんなものを素敵だとは感じなかった。むしろ愛する者のために始めた仕事が楽しくなってしまって大切なことを忘れかけた男が、再び夢の場所に立ち返る姿こそ輝いて見えた。女には女の、男には男の答えがあるものだとしみじみ考えさせられた。



何処にでもあるプロットが、ここまで光り輝いた理由は、ミュージカル要素と、淀みのない長回しの数々のお陰だろう。実際にハイウェイを封鎖し、CGで増やすなんてことはせず本物の車と人を山ほど配置して息の合ったパフォーマンスを披露する冒頭だけでも圧巻なのに、その後も様々な長回しで飽きる暇を観客に与えない演出の数々には痺れっぱなしだった。主演の2人も相当な練習時間を経て撮影に挑み、何度となくNGを繰り返したに違いない。ジャズ好きのピアニスト男を演じるライアン・ゴズリングの演奏シーンもかなりの迫力で、元からミュージシャンである彼であってもジャズを本気でやるのは大変だったはずなのに、素人目には完璧なジャズピアニストにしか見えなかった。

海外の映画で、こういった役柄を見かけていつも思うのは、今の日本にこんな多才な役者は居ないなということ。どれだけ練習を重ねた役者でも”はいよくできました”という子供を親が褒める程度の感慨しか湧いたことがない。日本映画のほとんどは予算がないから(ない割に人気のアイドルを起用し、無駄にCGを使う金はある)製作期間も短く設定し、役者が本気の役作りを目指す暇すら与えない場合が多過ぎる。話題性ばかりを追い求め、中身はすかすかという映画を作り、自らの手で自分の首を絞めている邦画業界には草も生えない。

是枝監督の「奇跡」で、母方のおじいちゃんが和菓子を作る場面ひとつとっても分かるように、練習をしっかり重ねた動きは見ていて気持ちが良いものだ。ラ・ラ・ランドの小気味の良さは、そうした地道なものの積み重ねが生み出したものだったと思う。日本映画はお金も時間も人も確かに思い通りにならないかもしれない。だからと言って作り込みを諦めるのは違うのではなかろうか?





もういい加減、素晴らしい日本人監督が海外の映画賞で成功しないと知名度が上がらないような環境は終わって欲しい。儲かるのが確定しているような駄作を放映するより、支配人が個人的に好きな映画をプッシュする映画館が地方にも欲しい。そうすれば小粒でもラ・ラ・ランドに負けないくらいの作品が日の目を見る機会が増えるはずだ。「カメラを止めるな!」だって、情熱に溢れた映画館と映画好きの後押しがあったお陰で、地方でも観れた作品なのだから。


煽り運転は嫌いになっても、公道レースは嫌いにならないでっ

WRC
盛んに煽り運転が注視される今の時代、公道を使ったレースの肩身というのはどうなっているのだろう?

有名な「湾岸ミッドナイト」や「頭文字D」などに感化され、実際に公道で暴走行為をする人間がどれほどいるのか、よく分からないのと同じように、普段から公道レースを公的なルールの枠内で行っている人が、一般道を走る際ちゃんと制限速度を守っているかどうかだって一般人には分からないはずだ。当然冷ややかに見ている人もいることだろう。



日本における公道レースは、基本的に歓迎されていないように思う。自治体によっては公道の封鎖も許可されてレースを行っている場合もあるようだが、暫定的に道路を封鎖してデモンストレーションを行ったり、私有地を利用してのレースの方が多い印象がある。お陰で日本でのWRC開催は見送られてばかりだ。

車というのは一般人が手を出せる乗り物としても敷居が低いため、凶器と狂気と狂喜が入り混じる最たる存在かもしれない。でも馬鹿と鋏は使いようというではないか。結局は使う者次第なのである。どんなに配慮しようと、イレギュラーは起きるもの。あれほど安全に気を使っているF1だって死亡事故は根絶出来ていない。しっかり封鎖処置を行ってのレースであれば、見る側もやる側も好き者同士なのだから、好きにやらせてくれても良いのではなかろうか?

まあ、おそらくは安全より金銭的な責任を恐れて及び腰なのでしょう。去年ようやく地上波でWRCの番組が始まったかと思えば、あっという間に終了してしまうくらい、日本におけるラリーの認知度は低いのだし。せっかくトヨタが活躍しているというのに.....





自分は命とお金に余裕があったなら、是が非でもラリーをやっていたと思う。変わり続ける路面とマシンの状態を感じ取りながら大自然を疾走するのは、どれだけ気持ち良くて怖いのだろう?TVゲームだけの体験では絶対に分からない感覚に違いない。命懸けの煽り運転なんてしてる暇があったら、ラリーでもやった方がよほど有意義なのではないだろうか?煽る相手がいないから(WRCは基本的に1台づつタイムアタックするレース)健全に走れるだろうしね🚗💨


40歳(男性)が2019年の冬アニメに思うこと

またやる気が死ぬ天候が続いている。寒さだけなら耐えられるが、大雪が続くと心身共に死んでいく。来週も雪が沢山降ると聞いて泣きたくなったが、涙も枯れるほど心は既に麻痺してしまった。今なら些細な優しさで幸せを感じてしまいそうだ。

そんなメンタルだと、見続けたいと思えるアニメも少なくて、今季は15本ほどに収まった。本来これでも多いのではないかと思うけれど...






一時期の類似品塗れの偏った構成を考えると、最近はしっかりジャンルが散らばっていてラインナップのバランスが良いと思う。ここぞとばかりに復活したブギーポップの存在感や、ブラッシュアップされたどろろの静かなる破壊力に打ちのめされたかと思えば、五等分の花嫁かぐや様は告らせたいで他人の恋模様に笑えたり、猫やロボットや飛行機に萌えることが出来る作品もある。脳の運動には丁度良い振り幅だ。特にどろろはお気に入りで、原作は少ししか読んだことがないが、これは紛れもない手塚治虫作品だと感じた。静と動でもって織りなす罪と渇望の物語が、どんな結末に辿り着くのか気になって仕方無い。キャラもストーリーも作画も演出もツボでしかなく、正直どろろがあればもう他のアニメは要らないのではないかとさえ思えた。


日本人が、もうこういう部分にしか情熱を燃やせないのは残念だが、本当に何度見ても素晴らしく動く良い作画




2期勢に関してもかなり良かった。賭ケグルイは引き続き早見沙織を200%楽しめるし、モブサイコは更に演出面が強化され、本当に原作への愛を感じる仕上がりに満足感しか湧かない。ただ、例の”たつき”監督解任騒動に揺らいだけものフレンズ2だけは手放しで見ることは出来なかった。お金がかけられるようになったキャラ造形や美術、そして派手なシーンの挿入など、本来ならプラスになるであろう変更点が、これまでの緩やかであればこそ深々と刺さって来るさりげない不穏感を損なっていて、独特な魅力になっていたディストピアの香りがまるでしなくなっていた。1作目を知らない人や、子供であれば楽しめるに違いないが、中年はそう簡単に頭を切り替えて見ることが出来そうに無い。前作であれほど仲良くしていた"かばん"ちゃんのことを、他のフレンズにふられた時のサーバルの態度ですら素っ気なく感じて、なんだかとても残念な気分になった。いっそなどと言わず新作としてやれば良かったのではないだろうか?本当の意味でのけもフレ続編が観たいならケムリクサを見るしか無い。






あとはそう、キャラ萌えが大好きな人には、どうでも良い話になるけれど、自分の性癖を暴露するような露悪趣味作品が多過ぎることが最近どうも引っかかる。幼女の可愛さに負けてずるずる鑑賞している「私に天使が舞い降りた!」もそうだが、主役が女性であるから辛うじてセーフ(女性が幼女に手を出しても犯罪ですo┐ペコリ )になっているような作品が非常に多いし、むやみに同性をくっつけたがる傾向も強い。フィクションなのだから、ありえないシチュエーションで当たり前だろう!と言う人もいるだろうが、それを真に受けて育った自分たち(中年の話ね)がどうなったか胸に手を当てて考えてみたらどうかと逆に言いたくなる。子供の目に触れないところで勝手にやるのは良いだろう。でも誰でも観れる枠で放送する番組で必要以上に性癖を拗らせたものをばら蒔くのは、流石にやり過ぎとしか思えない。

昔はなどと言いたくもないが、以前はそういう犯罪の匂いしかしない作品はOVAで発売したものだった。何故これほどに今は普通に観れるようになってしまったのか?ロリコンショタコンに留まらず、あらゆる性癖に染まった子供達が作る未来は、まさに地に足つかない楽園で間違いないだろう。そりゃあ少子化待った無しなわけだ。




アニメの現状を見ていると、本当に規制の煩い時代なのか?と苦笑してしまう。

反骨精神はオタクにこそ宿るものなのかもしれない。

動機は不純でしかないけれど......
posted by lain at 06:59北海道 ☔アニメ