最高かよっ!と言いたくなるポンっ!映画である「カメラを止めるな!」BD/感想

今年は映画館にあまり行かなかった。いや、去年もかな?

観に行きたいなぁと思った作品も、思っているうちに上映が終わって”まあ良いか”と何度も流してしまった。

つい先日までやっていた「ボヘミアン・ラプソディ」や「万引き家族」、そして「野火」で大好きになってしまった塚本晋也監督の「斬、」まで観に行かなかったことが悔やまれる。塚本作品を上映すらしない地元の映画力に八つ当たりしたい気分だ。



そんな中、興行的にも健闘した「カメラを止めるな!」は話題に乗っかって観にいったわけだが、早くも発売された円盤でメイキングを堪能していると、やっぱりワンカットというのは大変なものなんだなとつくづく思わされた。






もう円盤発売でもあるし、ずばりネタバレで話をすると、クライアントからワンカットのゾンビ番組を作って欲しいと無茶振りされた冴えない映画監督が、一癖も二癖もある役者&スタッフと”それ”をやり遂げるまでのドタバタコメディで、冒頭37分間の超超B級ゾンビ映画を真顔で見させられた後の開放感が最高の作品。

はっきり言って素人には冒頭の凄さはイマイチ伝わらない。映画を撮ったことが無いため、ワンカットの重みが分からないのだ。しかもこの映画は撮影の裏で起きていたことを前提に映画内映画が進行するわけで、初見では演技が微妙だの、間が悪いなどとしか感じず、なんのこっちゃ分からない。しかし、37分を超えた先に待っている解答と照らし合わせ出したら、もう頬は緩みっぱなしで戻らなくなり、観終わった頃には、映画ってすごいなぁ、面白いなぁ、撮ってみたいなぁ....とすら思うようになっている。

本編を観ただけでもそうなのだから、円盤に収録されたメイキングや、リハーサル映像(Amazon特典で現地リハ通しが観れる)を見たら更に映画への認識が変わることだろう。実際特典映像はどれも面白かった。”不器用そう”で選んだ12人の役者を2チームに分け、ゾンビをモチーフにした短編映画を実際撮って(特典映像に2作品とも入っている)貰うワークショップの様子から、何度もリハを繰り返し(リハ中カメラマンが本気で息を切らしている音がなんとも言えなかった)現地で6度もワンカットで撮ったという現場の状況まで、作中の面白おかしいメイキングとはまるで違う現場の雰囲気が伝わってきた。

何より秀逸だと思うのは、ワンカットの表と裏の齟齬がほぼ皆無なことだ。撮り直している違和感がないからこそ映画が成立していると言っても過言では無いだろう。エンドロールでメイキング映像が流れなかったら、そのまま信じてしまいそうな仕上がりである。





幾つになっても青春は出来るのだと、本編同様に清々しい現場の雰囲気から感じとれた。組体操でカメラのクレーンの代わりをやるシーンが終わった後の役者達の笑顔は演技を超えた何かだったのだろう。数年前に海外で140分近いワンカット長回し映画が作られたが、37分でもイレギュラーが起こるのに、どれだけリテイクを繰り返したのか想像するだけで恐ろしい。カメラを止めるな!くらいが日本には丁度良いだろう。

500万もかけずに、これだけ見る側と作り手が幸せになれる映画はそうそうない。

某アイドル事務所の顔だけ役者を多用したり、コスプレ感が否めなかったりする映画に何億も投資するなら、もっとインディーズ畑のアイデアにこそお金を落とすべきだと改めて思った。

最高だよこの映画は。

マッサージ器恋しさで家に帰りたいおじさん.........

久しぶりに海沿いまで出張に来た。丁度天候が荒れ始めるタイミングで、こんな場所に送り込む会社の指揮能力は疑わしい。

海からの厳しい風は、これまでの記録的な暖かさを全て吹き飛ばす勢いで頬を打ち、流石は日本海だと独り言ちてしまった。



こんな日は暖かい物を飲み、暖かい風呂に入り、マッサージ器で肩でもほぐせば最高に違いないのだけれど、出先にまで持って来るにはちょっとマッサージ器は大きかったかもしれない。


※患部を温めるものや、電気を流して強制的にやる例のものなど、様々な機器があったが、靴やジーンズを選ぶ並みに使ってみなければ分からない状態で難しかった。



40歳を迎えた私だが、これまでマッサージ器の類は使ったことがなかった。外仕事で肩や腰を酷使し、私生活もPCやゲームで休まることなく身体をこき使っている割に、マッサージ器を使わずに来たのは、正直自殺行為だったと言える。今年に入り上下を向くとフラフラする状態が続くようになって、これは肩凝りを放置し続けてきたツケが回ってきたからではないか?と、ようやく必要性に思い至っているのだから世話のかかる男である。

全然使ってみたことがないため普通に恐々使い始め、慣れるまでは首回りの太さ調整が効かない仕様に身体が悲鳴をあげていたものの、風呂で体を温めてから使うようにしたり、自分にとっての機械を当てるベストなポジションが分かり始めてから一気に気持ち良さが上回るようになっていった。微妙に複合的な動きをするのも好印象で、肩の部分だけでなく、肩甲骨の辺りもググッとやってくれるのがなかなか良い。

ただ、上記した通り、自分の首の太さに合わせて調整出来ないため、自分の方で機器を当てる加減を調整しなければならず、ポテンシャルを完全に活かせる人は、それほど多くないのではないかと思う。肩たたきの要素も機械の自重と使う人間の押さえ方次第だし、厚着していると効果が期待できない。私はシャツ1枚にならないと首は苦しくマッサージ器が服ばかり動かして意味をなさなかった。値段相応と言われればそれまでだが、もう少しだけ融通の利く仕様でも良かったのではないかという懸念は拭い去れない。

IMG_9583.jpeg
※こうして見ると某ガンダムの付属装備みたい。




とは言っても、やはり今まさに手元に欲しい機械である.....

他の人が入っていると落ち着かないから湯船にゆっくり浸かりはしなかったが、いつもの部屋とはまるで違う環境で心身共に強張っていく体をこれでもかと揉みほぐしたいのだ.......

若い人には分からないだろう。私も若い頃は分からなかった。



「自分だけは」




そんな気持ちが若さにはある。だが若さを失えば、そんな傲りも消えてゆくのだ。

今はただただ、あの機械が待つ部屋への帰還だけが望みである。元若い人が言うのだから間違いない。

マッサージ器は間違いなく僕ら人類の味方なのだ。
posted by lain at 21:21北海道 ☔雑記

ヒトラーをヒトラーたらしめるのは.....「帰ってきたヒトラー(原題: Er ist wieder da)」デヴィット・ヴェント(監督)/ティムール・ヴェルメシュ(原作)/感想

どの国にも、名前を口にすることすら憚られる”存在”というのが歴史上居るものだけど、ドイツのアドルフ・ヒトラーほどの存在となるとなかなか居ないはず。

なにせ、自国民以外の血を嫌悪し、蔑み、身体的に劣るものは自国民でも無用と切り捨て、見事なまでの潔癖さと偏見で血を流し続けた男なのだから。





よく純粋過ぎる者ほど、極端な行動に出ると言うが、ヒトラーもその例に当て嵌まるのだろうか?僕は所詮戦後生まれの日本人である。又聞き以上の不確かな情報でしか彼のことなど知りはしない。せいぜい画家になりたかったが挫折しただの、実はユダヤの血が混ざっていただの、自殺はしておらず生き延びていただの、誰でも知っていそうなゴシップネタばかりである。だから、この映画のヒトラーが本物と似ているのかどうかなど、見た目以外で判断など出来るはずもないのだが、無性に本物のヒトラーを見ているような気になっていったから不思議だった。

自決したはずが現代へタイムスリップしていたヒトラーが、冴えないTVマンと出逢い今のドイツや世界情勢を学び、TVで人気を博すようになっていくコメディなのだが、終盤に近づくと、やはりヒトラーはヒトラーでしかないのだと思い知らされる展開が待っていて、色んなことを考えさせられてしまった。

何が凄いって、役者が脚本通りにやっている部分と、一般市民にアポなしで絡んでいる部分を、大きな違和感無しに繋ぎ合わせている点だ。嘘の中に本当を混ぜる本作の上手さは、まさしくヒトラーが国民に向けて行った弁舌手法そのもので、彼の言葉に乗せられてゆく怖さを追体験しているような気になって背筋がぞくりとした。



”彼の言っていることは正しい”


普通にそう感じる弁舌なのだ。民衆がどんな言葉を待ち望んでいるのか本当によくわかっている。移民に関する問題が世界規模で山積みになっている現代に、実際ヒトラーが蘇ったら、彼を指導者にと仰ぐ者が絶えないことだろう。というか、ヒトラー本人でなくとも、彼のような思想を持った人間がリーダーになる可能性のある国はごまんとあるのではないだろうか?2年前アメリカの大統領になったドナルド・トランプにしても、他国のことより自国が大事と明言し、正規の手順を踏まない外国人などアメリカには絶対いれないと強硬姿勢を崩さないし、本作の生まれた国ドイツも移民問題がなかなか解決せず国民感情は強い指導者の誕生を待望している。

我々の日本だってそうだ。脇の甘い安倍政権に嫌気はさしているが、野党には吐き気を覚えているわけで、いつ何処で何がきっかけとなりとんでもないリーダーを選んでしまうか分かってものではない。少子高齢化、格差社会、差別、雇用環境、そして他人事ではなくなった移民の問題、道を踏み外すネタには事欠かないのだ。





ある意味、ヒトラーという見本が存在するドイツは幸せなのだ。大きな失敗を回避するには、実際に大きな失敗をした人の背中を見るのが一番早いのだから。ただ、過去は未来の肥やしになる、けして風化させてはならない.....それは分かっているけれど、頭で分かった気になるのと、実際に経験して分かるのでは、天と地の差があるわけで、歴史を繰り返さずにいられないのも人間ではある。


太平洋戦争後70年はなんとか戦争の当事者にはならずに済んでいる日本。一体あと何年その記録は伸びてゆくのだろう。

自国優先主義が広がる昨今、戦争以外の手法で相手の心を抉じ開ける青写真が見えないのは僕だけだろうか?......








posted by lain at 07:20北海道 ☔映画