安全を第一とするなら、モータースポーツの存在意義とは?

なかなか根雪にならない雪に翻弄されているうちに最早12月。モータースポーツも軒並み閉店模様だ。2輪最高峰のMotoGPはいつも通りマルケスが頂点に立ち、4輪も同様に代わり映えしないハミルトンだったらしい(F1見てない)



正直同じ人間、メーカーが勝ってばかりでは面白味が無い。シューマッハが毎年定位置に納まっていた時など、何かトラブルが起きないものかと思いながらF1を見ていたものである。命に関わることだから不謹慎ではあるけれど、モータースポーツを見る者はトラブル込みでレースを楽しんでいる節はある。そもそもF1など毎月、毎週のように人が死んでいるのにレースを続けて来たスポーツだ。人一人の命程度では中止にすらならない。あのセナが亡くなった時も、先にローランド・ラッツェンバーガーが亡くなっていたのにレースは開催され、ショックでモチベーションが上がらないセナが、彼の死に引き摺られるかのようにこの世を去った。果たして”死”というリスクこそモーターレースの隠し味だと言われて、妄言だと言い切れる人が幾人いることだろう?

そういった意味において、もっとも観客を狂喜させているのはWRCだと思う。サーキットではなく、普通の道路や大自然を有り得ない速度で駆け抜けるラリーは、兎にも角にも事故が付き物。ドライバーやコ・ドライバーの安全はかなり高いレベルで守られているため、どんなに恐ろしく激しいクラッシュでも怪我一つなく生還するが、開催地によって観客がコースの近くまでやってくる場合があり、ラリー車が吹っ飛んだ先に観客がいて亡くなるという事故は近年も起きている。その時はレースも中止になったのだが、事故を起こした当人はセナ同様モチベーションが上がらず、前年の輝きを完全に失っていた。どんな理由であれ、誰かの命を奪ってしまったという事実は重たくのしかかるのだ。




本当はこんなレースと死の話など書くつもりではなく、ただただトラブルが起きるくらいに熱いレースが見たいということを書きたかった。F1はもう少し本気でメルセデス以外のチームの育成に手を差し伸べるべき(ウィリアムズの現状など90年代F1ファンとしては見たくも無い)だし、MotoGPはマルケス以外のライダーの奮起を期待したい。彼の無邪気さは負けた者のプライドをズタズタにするから良い加減うんざりしている。WRCに関しては今年ドライバーズの頂点を手にしながらもコンストラクターズのタイトルを失ったTOYOTAの刷新されたドライバーラインナップが楽しみ過ぎて今が辛い。ライバルチームに移籍したチャンピオン”オィット・タナック”の走りも気になる。

誰も死なないにこしたことはない。でもTV越しに伝わる熱は欲しい。レースの合間にドライバーのコメントを表情付きで味わえるラリー。マシンをぶつけ合っても道を譲らない二輪レース。そこに4輪最高峰レースの熱さが加われば最高だろうと思う。熱さだけならフォーミュラ1よりフォーミュラEの方が余程熱くて面白い。


蓋を開ける前から中身が分かっているレースなど、もう真っ平御免だ。

表向きは安全第一で良い。でも本音と建前を混同しては存在意義すら無くなってしまうことだろう。




危険の無いレース。そんなものを本当に愛せるだろうか?


”俺は井上真樹夫さんの〇〇が好きだった...”は収束しました

また居て当たり前だった人が亡くなった。享年80歳。誕生日前日だったそうだ。




毎度のことながら、大御所の声優さんが亡くなったというニュースを見てしまうと、皆総じて”俺はこの人の演じたこのキャラが好きだった”という話になってしまうわけだが、井上真樹夫さんの場合数キャラに絞られ、石川五ェ門(ルパン三世)とスレッガー中尉(ガンダム)、そしてハーロック(宇宙海賊キャプテンハーロック)に集中していた。スレッガーさんなどは劇場版のみ担当しただけで、熱心なTVシリーズファンからは何故キャストを変えたのか?という声も上がっていたというのに、今こうして多くの人が井上さんのスレッガーが好きだったと言っている事実がとても印象的だった。劇場版スレッガーさんが好きな人間の一人として素直に嬉しく感じている。

チャラいけど実は紳士というのが、実に井上さんの声とマッチしていたように思う....



正直”石川五ェ門”は格好良いキャラと言うより、可愛いキャラだった。愚直で不器用で直ぐ拗ねる。格好良さだけならハーロックがダントツの渋さだったろう。ハーロックの劇場版も良いが、忘れ難いのは銀河鉄道999との絡みだ。「こんな大人に出逢えていたら、俺だって人生変わっていたはずだ!」と、錯覚してしまうくらい痺れる。








人は誰しも死んで逝く。

それは寂しいことではあるけれど、決して無価値ではない。

井上さんのように何かを遺して死んで行けるかどうかは分からないが、どんな形であれ生き終えれば見れる景色もあることだろう....






蛇足だが、井上さんも銀英伝(アンスバッハ)に出てました(真顔)
posted by lain at 07:00北海道 ☔アニメ

「AirPods Pro」を買って中年が思うこと

いよいよ氷点下の文字を普通に見掛けるようになった北海道だが、こうなって来ると困るのが電化製品、特に携帯端末等の電池だ。

電気を使った製品と言う物が日常で使われるようになって、軽く100年は経つのではないか?と思うけれど、何年経っても近年の精密機械の使用推奨温度は0℃以上で、それ以下だと何かと問題が起きてくる。安いスマホならバッテリーを十分充電していても寒さでローバッテリーだと主張し始めて電源が落ちたり、最悪は画面そのものが耐えきれず割れてしまう。端末では無いが、メガドライブなんかも寒さでバグったりしたものである。まあそれは部屋が氷点下になるようなボロ家じゃないとまず無いケースではあるけれど....


兎にも角にも、電気を一時的に溜め込むタイプの装置は温度に弱い。つい先だってAirPods Proを購入したのも、初代AirPodsのバッテリー問題が深刻化したからで、通常AirPodsはバッテリー残量が減ると警告音を発するところが、とうとうその警告音すら鳴らさずにプツリと電源が落ちるようになり、どうせ通常の気温でも2時間保たない状態ではあったためProの発売は渡りに船だった。ソニータイマーという言葉があるけれど、今はアップルタイマーという言葉も必要な時代らしい。

1F398FD0-54F9-4BA0-AD15-1EE9D0E50A4A.jpg


8F9A6FCD-E929-44CF-B87D-FFD05B64BAE1.jpg



半ば仕方なく購入したものの、試してみるとこれがなかなか悪く無い。音楽を聴くだけでもAirPods本体を叩いてSiriを起動してスキップ等の操作を行なっていたこれまでの仕様をアナログ操作(イヤホン下のバーの部分に控え目なスイッチがある。押し込みが浅いため手応えに慣れが必要かもしれない)に戻したこともそうだが、散々言われて来たノイズキャンセルや音漏れに配慮したカナル型に変更したのも好印象。アナログスイッチ長押しで外部音を取り込めるように出来るのも意外と便利。


しかも外の音を取り込む方法も、どうやら外向きに付けられたマイクロフォンがわざわざイヤホンに音を伝えているらしく、ノイズキャンセリング中も外の音をわざわざ相殺して雑音排除を行なっているという。確かに外部音を遮断している時の没入感は非常に良く、耳が息苦しいような錯覚を覚えるほどである。生活防水程度はあると聞いていたから、外部音を取り込める仕様なのにどうやって実現させているのだろう?と思っていたけれど、知れば納得の作りだった。

F048A2CE-0C5C-40DC-84F8-5C3DF67AB8B6.jpg
ここがマイクで188075EE-A42C-4B69-9F6F-048EE87CC589.jpg
この平らになっている部分がペコペコと動くスイッチになっている




音に関しては、それほど上積みは期待しない方が賢明だろう。各社のBluetoothのイヤホンの中では綺麗部類ではあるけれど、それがカナル型に移行したおかげでそう感じるのかどうなのかは素人には全く分からない。ただ、最近また音楽ばかり聴いているのは確かだ。おかげでアニメが進まない.....



3万円近い価格や、普及している普通のUSBではなくUSB-Cケーブルが付属されている点に我慢出来るなら悪くない買い物だと言える。

なんだかすっかりハードではない部分に力を注ぐ会社になったものだなあと思った。


posted by lain at 07:06北海道 ☔Apple