”嫌い“という“好き”を届ける人「DAOKO TOUR 2017-2018 “THANK YOU BLUE” 12/10 札幌 sound lab mole」感想

一度出掛けなくなると、暫く何処にも行きたくなくなる僕が、重い腰を上げてDAOKOに逢いに行った。

EE1C9FFE-F2DB-4E8E-BD60-028C3410933D.jpg




初めて観に行くアーティスト、そして初めて行く会場ということで、多少緊張していた。いや、そもそも大勢集まる場所が苦手だからライブに行く時は毎回緊張しているのだけど、昨夜の会場となった札幌sound lab moleは狸小路内にある性格上、モールを歩き回る大勢の好奇の眼に晒されるため、かなり嫌だった。正直あまり行きたい箱ではない....

ライブハウスの中は中で、半分から後ろは機材ブースがあるため狭く、ロフトになっているせいで、後ろから観ていると太い柱が邪魔をする。丁度女性連れの冴えない男が(やっかみ)僕の視界を邪魔していて、DAOKOをしっかり見れなかったのも悲しかった。もう少し大きめの箱で彼女はやらせてあげたい。



自分のことばかり話しているけれど、大きめの箱でと思う理由は、けして僕の不満解消のためだけではない。限られた予算と狭いステージをしっかり活かしたライブパフォーマンスだったからだ。ステージと観客側をスクリーンで隔て、amazarashiのように歌詞を散りばめた映像と共に始まったライブは、中盤になるとスクリーンを落としバックダンサーが投入され、スクリーン代わりに分割する二つのパーテーションがステージ上を動き回るという手間のかけようで、こんな人数のお客を相手にしていたら赤字になりそうだと思った。



バックダンサーだけでなく、彼女自身も振り付けを披露する曲も多く、歌詞の物量も含め覚えるのが大変だろう。DAOKO可愛いなと眺めているだけの僕など全くもって呑気なものである。意外とDAOKO胸揺れるなとか、黒髪ロングをかきあげる仕草いいなとか考えていた事を今ちょっと反省している....

兎に角、そんな下心も刺激されるなかなかのライブだった。今年ヒットしていた他のアーティストとのコラボ曲を目当てに会場入りしたお客様が面食らうような楽曲で開幕したのも印象深く、楽曲に多用されている「嫌い」という言葉に隠れた裏腹な想いこそ彼女が歌い続ける理由なのかもしれないとも思った。これからも可愛いだけじゃないDAOKOから零れ落ちる何かに注目していきたい。






(´-`).。oOShibuyaKの振り付け真似したかったな......



馬鹿とシャンプーは使いよう

もうかれこれ七年ほど使って来たノンシリコンシャンプーをやめた。

これまで色んなノンシリコンを使って来たものの、どうしても頭の痒みが無くならないし、時期によってはフケも酷かったからだ。


自分の不規則な生活習慣のせい?うちが地下水だから?単純に肌に合わないだけ?

あれこれ考えシャンプーを変え続けたり、思い切ってノーシャンプーを試したりしているうちに、頭皮はどんどん傷んでいった.....

流石にこれではダメだと思った。乾燥する時期になってフケも酷くなっており、ノンシリコンが無くなりそうな今こそシリコン入りに戻ろうと決めた。

IMG_6760.jpg
物凄くテキトーに選んだ。評判が良さげで値段もそこそこのを。




シリコン入り復帰後3、4日経ち、頭皮のフケはすっかり無くなった。今までジタバタして来たのは一体何だったのか?そもそも流行りに乗じ、ノンシリコンである利点ばかりを信じた自分が馬鹿だったのは分かるが、ここまで相性が悪いと笑うしかない。



もう二度とノンシリコンは使わないだろう。でも、世の中に絶対は無い。また懲りずにチャレンジしたくならないことを祈ってる......












関連過去記事
posted by lain at 06:24北海道 ☔雑記

人とAIが仲良く暮らす未来など俺には見えない 「ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity?」森博嗣/講談社/感想

ひと月ほど前にひいた風邪が、まだ完全に治らない。それどころかぶり返して来たような節もある。

いくら不摂生な生活をしているとはいえ、こんなにも免疫力が下がっている自分にがっかりする。

早く本作のような人がなかなか死ねない時代が来て欲しい........かな?






ウォーカロンと呼ばれる人口細胞を使った存在を切り口にして、自然の摂理に逆らい続けた結果子供が生まれなくなった人類と、それを観測し続けるAIの在りようを森博嗣先生らしい価値観でまとめあげている本作、今回も実にSFで面白かった。

ざっくりと説明すると、禁じられているクローンを擬似的に出産することが出来るウォーカロンが存在するのでは無いかという情報を”ペガサス”というスーパーコンピューターから得た主人公が、そのウォーカロンが居る可能性の高い富豪の家に赴き、そこで家族の噛み合わない愛情の結果に打ちのめされるという展開なのだけど、どれだけ“死”から遠退いても人間は愚かで、それに近づいているAIも同じように愚考している所に現実味を感じたのと同時に、やっぱり畏怖を禁じ得なかった。

まるで賢過ぎる子を持った親の気分である。いつ「こんな親は必要ない」と言われるか分かったものではない。しかも本作に登場するAI達はウォーカロンの身体をコントロール出来るから、精神的に不完全で子も産めない人間など彼らからすると邪魔でしかないのだ。

最高峰のAIであるペガサスは人類を減らすべきだと提言する。これまではなんだかんだ言っても人類に敬意を払ってくれているAIばかりだったが、そろそろAIと人の生き残りをかけた辛い展開になって行くのだろうか?人が儚い命に一喜一憂するのも良いが、人類が居なくなった地球で、AI達が何かを創り続ける姿なんかも面白そうではある。森先生はこのシリーズをどう終わらせるつもりなのだろう?







無性にブレードランナー2049を観たくなった。でももう今週で上映も終了だろう。肝心な時に風邪などひいてどうする俺.....