夢無き者を立たせるアンセム「キャロル&チューズデイ」渡辺信一郎(監督)/ボンズ(制作)/感想

僕には家を飛び出してまで叶えたい夢などない。こんなこといいな、できたらいいな程度のドラえもん的な妄想はした事は何度もあるが、考えた傍から霧散する程度の欲求だった。

だから、ただひたすら歌いたいという気持ちに素直であるだけで前へ進むことが出来た二人には、頑張れという気持ちと同じだけ羨む思いが膨らんでいった。





家出娘と親の顔を知らない娘が火星の道端で歌によって結び付き、既に夢を諦めたようなアーティスト達の心に火を付ける楽曲を次々と披露して、火星中に優しい灯火を拡げていくことになるというもので、舞台が地球でないことと、AIが人間に楽曲を作る時代背景であること以外、非の打ち所がないくらい王道のサクセスストーリーだった。何せ1話から「奇跡の七分間」を引き起こす二人であるとハードルを上げているものだから、一体に何をやらかすと云うのだろう?と観客はあれこれ想像したはずだが、結局は”We Are The World”な幕引きに落ち着き「なーんだ」と思った人も少なくなかっただろう。

しかし、その愚直なまでの王道さを突き通せるだけの下地が素晴らしかったため、僕のようなちょろいお客さんは、すっかり奇跡の七分間で泣けてしまった。最後のステージ上に集まった者、集まれなかった者、それぞれ歌が好きだっただけの人生が狂ってしまったことを思うと涙が止まらなかった....TV版(地上波1クール版)カウボーイビバップの最終話でシャカゾンビの「空を取り戻した日」を使った時も、この監督は音楽が好きなんだなと感じたものだが、今回も初めてオリジナルの音楽物をやったというのが意外に思えるくらい”それ”を受け取った。流石は国内外を満足させられる稀有な人物である。実際のアーティストのパフォーマンスから手描きに落とし込んだという歌のシーンの数々も素晴らしく、歌詞や曲についてもそつがなく素直に痺れた。久々にサントラが買いたくなった。





今では日本アニメも世界言語に近い評価を受けているが、誰にでも伝わる存在として機能しているものの中で歌ほど揺るがないものは無いのではなかろうか?歌詞の意味が分からなくとも、音の重なりと声のうねりだけで楽しいのか悲しいのか伝わってくるのだから。もしも本作が作中歌詞のテロップを表示していなくとも伝わる何かが必ずあったはずだ。日本語の歌詞を字幕で乗せる乗せないに関して監督の考えがどうだったのか少し知りたくなった。

その昔チャップリンという人は無声映画だからこその表現に挑戦していたが、情報が制限されればされるほど些細な表現の一つ一つが大事になってくるし普遍さが際立ってくるもの。映像に色が付き多彩な音が乗るようになってもそれは変わらない。人の歩き方、歌い方、踊り、音や色が無くとも出来が伝わる部分をしっかりやっていたからこそのキャロル&チューズデイなのだと心底思う。厳しくも優しい世界をありがとうございます渡辺監督.....





夢や希望は無くても生きていけるが、夢や希望が有った方が生きやすいのは確かだ。無我夢中で走れるものがあるなら、後悔など気にせず突っ走ることを若者にはお勧めする。歳をとってからでもやれることは山ほどあるが、やれなくなることも山ほど出来てしまうのだから.....



いつの日にか、なりふり構わず叶えたいと思える夢を手にしたい。そんな気分にさせられる良い作品だった。

出張もうイラネッ(゚Д゚=)ノ⌒゚

今年何度目かの出張に来ている。おそらく過去最多の回数&日数になるだろう。何故こうも人材(自分で云うのもあれだが)を彼方此方に飛ばさなければならないのか?


わざわざ道外の人間が出向いてくる程度には地元での仕事は十分にあるにも関わらず、泊まり掛けでの仕事が増えている理由を人聞きした所によると、単純に地方の人材不足(どんどん地方の業者が潰れている)によるものらしいのだが、それなら他所からの人材を其処に当てれば良いのでは無いか?と考えてしまう。確かにそういった連中は大抵地元でも”余される”クズばかりで、ろくに働かず1日幾らの固定給を受け取るためだけに出稼ぎに来ている者が多く頼りにならず、それこそ自分も何度連中の手直しをやったかしれないくらいではあるけれど、こんな時こそ役に立ってもらわなければ意味が無さすぎる。地方がどんどん見捨てられている今の時代らしい転換期が我々の業界にも来ているのだと実感させられた1年になりそうだ。

出張の良し悪しは仕事の内容にもよるが、やはり宿の質でかなり左右される。食事が美味しく部屋の手入れも行き届いていると気持ちよく過ごせるが、ボロボロで狭く汚い部屋に放り込まれたら毎日が辛くて辛くて仕方ない。ここのところはご飯も部屋もそこそこ快適な出張が続いていて助かっているが、観光シーズン真っ盛りな時の出張は現場まで1時間以上かかる上ボロボロの宿で飯も最悪という地獄っぷりでたった数日の出張が数週間くらいに感じられたものだった。それを思えば今回の出張など天国のようである。仕事は超ハードではあるけれど.....




これが仕事でなければ....時々思う。普段は旅行など行かないし温泉など浸かることもしないが、部屋風呂が無いから仕方なく浸かった温泉が気持ち良いこともあれば、自宅でも外食でも食べない物を味わえたり風景の違いも良い刺激にはなる。そういう意味で云うなら基本設計が引き篭もりの人間にとって出張も悪いことばかりでは無いとも思うものの、その回数が多いのは勘弁だ....世の中には”それって単身赴任じゃね?”と言いたくなるくらい長期の出張に行っている人もいるが本当に辛いことだろう。自分も最長で1ヶ月半山形の方に行っていたことがあるが、やっと帰れるとなったときの開放感たらなかった。渡り鳥のように生きられる人もいるが、自分のような人間は環境をコロコロ変えて生きるのは難しい......

73E3F707-79EF-45E7-8070-9720D4725025.jpg
風景が綺麗だったりすると気分は悪くない





1日でも早く自室に戻りたい。そして今年はもう出張が無いと助かる.....

頼むよ社長........


posted by lain at 06:53北海道 ☔雑記

ハイハイ この指止〜まれ〜♪ 「Live tour『PLACE 2019』Sound Schedule|09.28(土)|札幌 BESSIE HALL」/感想

改めて言うことでもないが、自分は本当に意気地が無い。昔から失敗を恐れ”挑戦”ということをして来なかった。お陰様で小学生の頃は授業で習う跳び箱や鉄棒の逆上がりは勿論のこと、友達から野球に誘われても直ぐに戦力外通知を受け取ったものだった。

そんな自分が少し変わって来たのは高校に入ってから。家が貧乏なのに私立へ入った負い目を感じ、奨学金を受け取れるよう成績を維持しようと、それまでロクにやって来なかった勉強を少しはするようになって、やればやっただけ成果が出るものだと知ったことが転機になったように思う。就職してからは更に”やれば出来る”ことを実感した。これまで自分を器用と思ったことは無かったが、気が付けば周囲に器用と錯覚される程度には頼りになる人間になっていた。どんな人間でも粘り強くやっていれば身に付くことの一つや二つあるようだ。



そんな昔話がSound Scheduleとどう結びつくのか?と言われそうだが、ほんの数年前までライブに怖くて行けない人だったと言えば「あぁ」と思って貰えるかもしれない。お洒落に疎いくせに昔から人目が気になって気になって仕方ないところがあって、対人恐怖症かよというほど人前に出ると緊張で失敗しかしなかった。去年も仕事で大勢の前でデモンストレーションをしなければならない時、致命的な失敗を犯し未だに思い出しては凹んでいる....兎に角、ライブ会場など以ての外だったのだ。でも、それでも諦められない相手が居た。安藤裕子さんである。



役者としても活動する彼女の表現力にぞっこんだった僕は、2009年のベスト盤発売に合わせたツアーに意を決して参加することにした。その時はまだ独りは怖くて友人を巻き込んでしまったものの、翌年からはソロでも逢いたいアーティストに逢いに行くようになった。他人からしたら馬鹿馬鹿しいかもしれないが、自分にとっては大きな扉を開ける思いだった。そしてまたもベスト盤が後押しになり、ようやくSound Scheduleにも逢いに行く気持ちが固まって今回の参加となったわけであります(一度チケットだけ取って行かなかった前科があります....)




初めてSound Scheduleというバンドを意識した曲がこれだった。実際それなりに売れ、その後のシングルもそれなりに売れた。ところが僕がライブを怖がっているうちに解散してしまったのだ。これは本当に心残りだったから、その後の再結成と大石くんのソロ大成功のお陰で、こうして20周年の節目のツアーを北海道で目にすることが出来たことを心底嬉しく思う。彼らが上陸する度盛り上げてきた熱心なファンの方々にも感謝o┐ペコリ 

しっかし女性客は多かった。男女比は3:7くらいだったろうか?年齢層は幅広く流石自分と同年代の男たちのバンドだとは思ったけれど、アウェー感は拭い去れなかった。会場内でも若くはない(失言)女性二人がノリノリで僕の居場所を後ろへと徐々に追いやり勘弁して欲しかった。まあ、早いうちから、まるで何かのアトラクションかのように客を煽り倒してくるし、お笑い要素も仕込んでくるので、我を失い周囲のことなど御構い無しではしゃいでしまうのも無理はない。個人的には面食らってそこら辺は楽しみ切れなかったが、熱心なファンたちにとっては最高の夜になったことだろう。僕は縄跳びの輪に上手く入れずとも、大好きな曲達を生で聴けただけで十分幸せだったしね。

にしても大石昌良くんの喉管理は素晴らしい。冒頭から終盤まで全くスタミナの落ちを感じさせなかった。昔より今の方が若く見えるし、仕事を仕事と感じない瞬間があるほど、今が充実しているのだろう。ちょいちょいベースの沖くんにちょっかいを出して腐女子に燃料を投下したり、アンコールの”幼なじみ”の冒頭のギターの入りでメンバーの不意を突こうとする大石くんの悪戯っ子な顔は忘れられそうにない。





Sound Scheduleの音楽をこのまま埋もれさせたくないという気持ちが、自分だけのものでは無かったことが実感出来る良い夜だった。もうこの先これ以上は望めないほどのセットリストだから、行ける人、行きたい人は行った方が良い。腐れ縁の友達に逢いに行くみたいに。



ただ、川原さんは喋り始めると長いから気をつけろ(真顔







セットリスト

 1.IQ兄弟

 2.世直しブッダ

 3.グッドタイムコミュニケーション

 4.さらばピニャコラーダ

 5.運命の人へ

 6.フリーハンド

 7.わけあり

 8.燃やせ煩悩

 9.花火

 10.太陽の国

 11.シチューが飲みたくなる唄

 12.アンサー

 13.タイムマシーン

 14.言葉以上に

 15.君という花

 16.コンパス

 17.ピーターパン・シンドローム

 18.今ココにあるもの


アンコール

 19.幼なじみ

 20.スペシャルナンバー

 21.同じ空の下で




公式HP https://soundschedule.net

posted by lain at 11:26北海道 ☔音楽