”リアル” ”面白い” そういう言葉で説明出来ない映画だった「ダンケルク」クリストファー・ノーラン(監督・脚本)/感想

人間は生きるうえで必要以上のエネルギーを消費している。

生存に必要な住処と食べ物だけでは飽き足らず、電力が必要な電子機器を多用し、化石燃料を使う乗り物を重用する。地球規模で気候が変動しようと御構い無しだ。


そして、人類のエネルギーの無駄遣いの最たるものが戦争だろう。戦争に必要な技術はお陰で進歩したが、失った”もの”の方が遥かに多く建設的とは言い難い。なにせ相手の文化をぶち壊すどころか、自分たちの文化を深めるための資産や時間すら浪費してしまうのだから。戦争など無い方が良いと思っている人の方が多いと信じたいが、人間は自分で経験しないと心底は理解しない生き物であるし、生き証人が死んで行けば、戦争の悲惨さなど直ぐに薄らいで、気に入らない連中を暴力でもって黙らせようとなるのは避けられない。先人が経験した全てを、まるで機械のようにまるっと引き継ぐことができたなら、今頃戦争など根絶出来ているだろうか?

今のところ、結局人間は”ケダモノ”なのだと言わざる得ない。






そんな抗い難い人間の性が露わになるシチュエーションであるからこそ、戦争は映画においても散々ぱら調理されて来た。戦いの高揚感を煽るもの、焦燥感に明け暮れるもの、必要以上に恐怖を植え付けるもの、大自然の前では戦争など児戯に過ぎないと知らしめるものなど、枚挙に遑がない

では、ダンケルクが描いた戦争とはなんだったのか?



フランスとイギリスの連合軍が第二次大戦時に30万人規模の撤退を成功させた史実を元に作られた本作は、陸海空それぞれにスポットをあて、正義や信念といったねちっこい物は強調せず、あくまでも淡々と生き残ろうとする者達を描いていく。戦争映画によくある煽るようなBGMも少なく、独特の雰囲気作りのせいで緊迫した場面でも手に汗握るようなこともなく、よく出来た再現ドラマを見ているような印象を受けた。ぶっちゃっけ娯楽要素は薄い。

それほど強調されていない中でも、最後まで撤退を指揮するおじさんや、燃料切れになった後も敵機を落とす戦闘機乗りなどが格好良く描かれているし、苦肉の策に思えなくもない時系列を前後させる演出も相まって、 飽きることなく鑑賞出来たものの、無謀な作戦の末、装備や兵器を置き去りにして命からがら逃げ出しただけのことを少し良い話風に仕上げたことがピンと来なかった。敗残兵である自分達を国の人達はどう考えているのか不安なまま帰国した彼らが、思わぬ祝福に喜ぶ姿にもリアリティを感じなかった。そんな浮かれた雰囲気を空々しく受け取る姿こそ僕は見たかったのだろう。

IMG_8105.jpg


何をもってリアルとするかは難しい。僕が求めるものだって希望的観測に過ぎないから。

だから戦闘機が美しい映画として勝手に記憶しておくことにした。自動追尾など一切ない古い飛行機で燃料切れなど御構い無しに味方を助けた飛行機乗りの美しさだけで十分満足のいく映画で間違いない。

IMG_8109.jpg
IMG_8107.jpg




壊すのは簡単なのに、戻すのは本当に難しいという話「聲の形」山田尚子(監督)/大今良時(原作)/ 京都アニメーション(制作)/感想

今から30年ほど前、僕は自分とは違う2人との距離感を測りかねていた時期がある。

1人は心身に障害を持つ同級生の女の子で、見た目が異様なうえ我儘で嘘つきで手が付けられなかった。何故こんな子が普通の学校に入ったのだろうと子供ながらに不思議だった。

もう1人は叔父さんの息子で、僕よりも遥かに目上の人なのに、知的障害を持つ彼は幼く見え、いつも夏休みになると実家に帰って来る(いつもは施設に預けられていた)彼の面倒を見に行かされるのがとても嫌だった。一生懸命ゲームの遊び方を教えてあげても出来ない、興味がない、いつまでも落ち着かない様子で何を喋っているのかも分からない。面倒を見に行っているなどと云っていても、正直危ないことをしないかどうか気にする以外は、こっちはこっちで勝手に過ごしていた。


正直云って、どちらの事もちゃんと理解はしていなかった。特に従兄弟のことはまるで分かっておらず、祖母がいれば機嫌の良し悪しくらい分かるのにと思ったものだった。彼も祖母には懐いていた。

2人共もうこの世には居ない。彼が僕のことをどう思っていたかなんて、今更知りようもないが、何年経っても思い出してしまうくらいには、胸に引っかかっているのだろう。





何処にでもいる悪ガキ”石田将也”の前に、耳がほとんど聴こえない少女”西宮硝子”が現れ(転校してきて)、彼女に興味を抱いた彼は、何かにつけて彼女を構ってしまうのだが、自分の気持ちを上手く表現出来ない彼は彼女に辛くあたってしまい、仲間まで巻き込んだ虐めへとエスカレートしてしまう。気付けば引き返せないところまで来ていた彼は、教師だけでなく友人たちにも見捨てられ、虐める側から虐められる側へと変貌する。

数年経ち、高校生になった彼は、罪の意識から自殺しようと考えていたのだが、最後に虐めることになってしまった彼女へ謝罪しに行ったところで思い留まることになる。それをきっかけに、彼と彼女を含めた少年少女が、間違ってしまった時間を取り戻すかのように交流を深め、解り合ってゆくかに思えたのだが.......



大まかにまとめると、加減を知らない子供が、虐めるつもりじゃなかったのにやり過ぎてしまって、己の身まで滅しそうになったという話なのだが、お話の筋の生々しさの割に、絵が京アニのいつものテイストなので、どうもリアリティがちょいちょい置き去りになっていたのが気になった。そこはもっと空気が凍りつくところだろ?と何度突っ込んだか分からない。虐めの対象となった西宮硝子の母親だけがやけに現実味を帯びた存在だった。

とはいえ、虐める側から転落する少年の心理表現は秀逸だったし、役者達も真に迫った演技で非常に痺れた。特に耳が聴こえない少女の上手く喋れない様を演じた早見沙織は素晴らしかった。かなり難しい役だと思うから、相当役作りに苦心したことだろう。彼女のためにと頑張れば頑張るほど心が壊れてゆく石田を演った入野自由くんも含め、役者陣はかなり良かった。

ただ、やはりご都合が否めなかった。根は優しい子ばかりであるし、耳に障害を持つ子が可愛いという設定もアレで、救いがいくらあっても足りない主人公が必要以上に不器用なのも自虐的過ぎで気になってしまう。

ここまで扱いの難しい恋愛に仕立て上げた作者の屈折した人生もついでに映画にしてはどうか?







手放しで素晴らしいとは言いたくない映画だったが、何かと未熟な子供時代にやりがちなことと、それによって失ったものを取り戻す難しさのディティールだけは本当に真実味があったし、少々捻くれたシチュエーションだとしても恋愛物語として非常に楽しめた。「君の名は。」ではなく「聲の形」を愛した連中の気持ちも、少しは理解出来たように思う。

でも、だからこそ、優しい嘘で誤魔化さない「聲の形」も見てみたかったなぁと思った。

原作がどうであれ、映画は映画だとやってみても良かったのではなかろうか?......

posted by lain at 07:23北海道 ☔アニメ

差別を行う者への差別を行う者への差別すら許されない差別をどうやって無くそうと云うのか?「ズートピア」ジョン・ラセター(製作総指揮)/感想

仕事のごたごたがようやく片付き、久しぶりにゆっくりと休めた日曜日。

皆がW杯だニチアサだと騒いでいる最中、僕は先週地上波放送されたズートピアの録画を見ていた。




舞台は肉食動物と草食動物が共に暮らす夢の街ズートピア。その街で警官として働くことを夢見てきたウサギのジュディが、どんな障害も物ともせず努力と根性でその夢を叶えるところから始まる。夢の街と疑わなかったズートピアで、ジュディは当然のように現実を思い知り田舎に帰る選択をするも、持ち前の根性と運と狐の協力者のお陰で立派な警官へと成長してゆく。つまりアメリカンなサクセスストーリーだ。

もしもこれが人間の女性を主役にした物語であったなら、ここまでの評判にならなかったと思う。筋は単純明快で古典ですらある。様々な動物たちの特徴を上手く活かした脚色と、ズートピアの作り込みの細やかさの勝利だった。ジュディの地元は思わずもふもふしたくなる楽園でしかなかったし、大小違う動物がどのように共存しているかという部分もしっかり表現しているから世界観へスムーズに入っていけた。お話のアクセントになっているミステリー要素も、動物ならではの問題で非常に上手い。しかもそれら全てが我々人間社会と通ずるものがあるから、自然と”誰”かに対し自分を重ねることが出来てしまう。これを計算して行っているディズニーは、ある意味怖い。





小動物で田舎者で女性主人公で、男性ばかりの警察畑の話であるため、”差別”を描いた作品と言えるわけだが、ジュディの邪魔をする存在を一方的に断罪している人こそ、まさに差別主義者だなとネットの書き込みを見て思った。新参者にまず下積みをやらせるなんてどの業界でも当たり前だし、子供を心配しない親など普通ならありえない。なのに田舎なんて嫌だ、駐車違反の取り締まりなど嫌だと言っているジュディをあっさり肯定するのは本作を侮辱する行為ですらあるのではなかろうか?世の中からされて来たことを、自分も自然とやっていた事実にジュディは打ちのめされ、田舎へと帰ったというのに、その彼女を見て自分のやっていることを恥じることなく喚き立てているようでは、あの黒幕のメガネ女史と同じなのではないのか?


人は残念ながら差別を行う生き物だ。それを自覚し、少しでも是正したい気持ちが有るか無いかの差しかない。こんなに可愛いキャラクターを使って、元々解決のしようがない案件を打ち込むディズニーはかなりエグい。

なんにせよ、擬人化娯楽として無心になって楽しむのが吉だろう。個人的にはTVシリーズで続きを見たい。刑事物ならネタに困らないだろうし。



やっぱりディズニーは人間が出てこないやつが最高に面白いと思った。







posted by lain at 06:52北海道 ☔アニメ