2016年08月24日

現実を理想で打破した時、何を以って現実とするのだろう?「小惑星に挑む」あさりよしとお/白泉社/感想

地球では、何十年も前から資源の問題が取り沙汰されている。

エネルギー源として広く使われている地下資源のうち、石油はあと50年、石炭で100年、天然ガスは新しい採掘方法も含めれば160年分と言われおり、石油のあと50年と言う数字は普通に無視できない。何かと因縁を付けて、石油のために戦争をしたがる連中の気持ちも少しは理解出来るというものだろう...



は、この先どうやってエネルギー源を確保して行くのか?頼みの綱である原子力は信用しきれないし、あの震災から原子力に代わる(補う)として注目が集まった太陽エネルギーにしても、コストや安定供給の面で心許ない。じゃあ他所の星でも荒らしに行くか?と、有識者達の中で意見が固まったのかどうかは分からないが、宇宙探査はここ10数年の間に日本でも随分と注目されるようになった気がする。やはり、あの奇跡の生還を果たした”はやぶさ”のせいなのだろうか?




小惑星イトカワまで2年かけて到達し、惑星表面からサンプル回収を成功するも、度重なるトラブルに見舞われ帰還は絶望的な状況に陥り、それでも7年に渡る旅を終え地球へ戻って来たと言うのだから、生き物相手で無くとも思わず感情移入せずにいられない_____と、今でこそ思うわけだが、フィクションにおける宇宙には大いに興味があっても、現実の宇宙開発に疎い僕は、”はやぶさ”が帰還した時の大騒ぎにも「ふーん」くらいにしか感じず、何億もの予算に見合った探査だったのか?とさえ思っていた。

つい先日30周年記念の新しいアルバムを出したばかりの新居昭乃さんのライブへ初めて行った時、”はやぶさ”への想いが篭る「HYABUSA」を聴きながらプラネタリウムに映し出される”はやぶさ”の燃え尽きる瞬間を目にしたことで、初めて僕の中で"はやぶさ"が特別になった。誰かが咀嚼してくれなければ、食べることもままならない自分の偏食っぷりが良く分かる話である。

AmazonのKindle読み放題サービスの無料お試しで、たまたま見つけた"あさりよしとお"さんの「小惑星に挑む」も、昭乃さんのHAYABUSAと同じく、読めば一発で”はやぶさ”へ感情移入せずにいられなくなる内容だった。行き着く所まで行き、あとは衰退するしか無いところまで進んだ文明から"可能性"を求め太陽系へとやってきた二人の宇宙人が、たまたま出会った小さな探査機から親機である”はやぶさ”へ興味を持ち、直接的な干渉を避けつつ帰還までの経過を観察し続けるという内容で、子供でもなんとなく理解出来るような書き方で”はやぶさ”に課せられた使命や、見舞われたトラブルの内容などを解説してくれるから、教材としてとても面白かった。

スクリーンショット 2016-08-25 6.54.26.png





人間の感傷で生まれる嗚咽やため息でタービンを回せたなら、はやぶさの出番も無くきっと今直ぐにでもエネルギー問題は解決するに違いない。

夢のような話が、夢で無くならない限り、近い将来宇宙探査どころじゃ無くなりそうで不安だ.......






web拍手 by FC2
posted by lain at 07:10 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 漫画 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月23日

この先20年の為に今必要なこと『坂本真綾「LIVE TOUR 2015-2016“FOLLOW ME UP”FINAL at中野サンプラザ』ライブアルバム/感想

 まだライブに行ったことが無かった頃、よくライブのビデオから音だけをテープに録音して聴いていたのを思い出した。何度も再生しては巻き戻し、曲間の無音部分まで作っていたあの頃の拘りっぷりは今じゃ見る影も無い僕である。


 まあ、なんにしても公式で音源を出てくれると凄く助かる。手間暇ゼロで、いつでも何処でもライブ気分が味わえるのだから。まったく贅沢な時代だ。






 ブックレットの写真も良いし、FOLLOW ME UPツアーにどんな気持ちで挑み、どれだけ真綾の中でライブへの想いが高まっているかが伝わって来る特典映像も素晴らしかった(バンドメンバーの真綾に対する気持ち、舞台裏の様子も素敵だった) これでライブ中の真綾の姿に興味が湧いたなら、これまで発売されたライブBDを買ったり実際にライブへ足を運び、どんなに良い顔で歌っているか、その目で直に確かめて貰いたい。


 それはそうと、相変わらず可愛げがないほど”そつのない”販売戦略が展開されているものだ。ファンが求める物を世に出しているのだから悪いことでは無いのだが、最近ちょっと物量が多い気がしてならない。


 20周年の一環なのだから当たり前だろ!


 とのお叱りを何処からか受けそうだが、それ以前から少々音源や映像のリリースのテンポが早まっているように思う。質が落ちたとまでは言わないが、激しく燃える花火ほどあっという間に燃え尽きるのが世の常であるし、一旦ペースを落としライブやアルバムのリリースのことも忘れ、役者としての”坂本真綾”と今一度じっくり向き合う時間を作って欲しいような気もする。あえて花を切り落とすことで、次の年も美しく咲くチューリップのように、真綾にもエネルギーを溜め込む期間が必要だろう。





 この曲がこんな表情になるのだと、身体いっぱいに感じることが出来るライブ音源を聴いていると、セルフカバーアルバムと言うのも面白いだろうなと思った。今の真綾だからこそ気持ちを込めて歌える曲や、あぁ、あの頃はこんな風に考えていたんだ、という感慨にふけりながら歌う真綾の声を聴いてみたい。


 少しペースを落とせと言ってるそばから、彼女にやって欲しいことを連ねるとは救い難い.....


IMG_2480.jpgナチュラルメイクで見た目は若返ったように思うが、中身は更に成熟。良い顔をする女に成ったものだ.....







関連過去記事
タグ:坂本真綾
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:13 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 音楽 真綾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月22日

夏と共に終り行くもの

妙に長く感じる連休後の仕事が終わり、いつも通りの日曜日、色んな物事もお盆に続いて終わってしまい妙に寂しさを感じていた。


シリアルキラーに妻と子供を殺された似非霊能力者”パトリック・ジェーン”が、持ち前の観察眼と話術を駆使し、本来踏むべき操作手順をあれこれ吹っ飛ばして事件解決に協力するドラマ「メンタリスト」の6年に渡る放送が終わり、オリンピックの陰で泥に塗れていた球児達の夢の祭典”甲子園”(全国高校野球選手権大会)も燃え尽きた。見所の多さと比例してメダル数が史上最多となったリオ五輪だって、もうあと1時間すれば閉会である。始まりがあれば終わりもある、それは分かっているけれど、いざその時が来るとなると、やはり寂しさを感じずにはいられない。

IMG_2475.jpgテコ入れで見なくなっていたリグスビーとヴァンペルトも最終回に登場し、お馴染みのトリオが揃い踏み。チョウの引きつった笑顔が最高である(メンタリスト)





1950年代から現代F1まで、文字通り命懸けで戦った男達の軌跡を扱ったドキュメンタリー映画「伝説のレーサーたち −命をかけた戦い−」を見て、自分の中のF1愛はとうの昔に終わっていたことを実感したばかりでもあったし、何かと失ってばかりの夏だと思った。


伝説のレーサーたちに笑顔で登場していシューマッハの今の容態はどうなっているのだろう?

いつの日か息子がF1で活躍するのを眺めながら穏やかに微笑む彼の姿が見たいものだ....
E235B807-04D5-4DF6-8391-8B33B9370EE6.jpg



web拍手 by FC2
posted by lain at 06:59 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 日記 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする