前置きが長くて全然作品の話してません(真顔)「GREAT PRETENDER」鏑木ひろ(監督)/WIT STUDIO(制作)/感想

日頃我々が目にするニュースの数々は大抵結末を伝えないままフェードアウトしていく。だから最初に伝えた内容が、どれだけ誤ったものであっても、そのほとんどは修正されることなく終わる。無罪のニュースが冤罪ニュースより多く報道された例は稀だ。

「どちらでもよい」

結局自分が当事者になるまでは大勢がそれくらいに考えているだろうし、それくらいに考えていなければ頭がおかしくなりそうなほど哀しい事件が日々起きている。捕まった犯罪者にも何か理由があったのではないか?などと感傷に浸る暇さえ与えてもらえない。でも、それで良いのだろう。殺すだけの理由を知ってしまったら”仕方ない”が暴走するだけの話なのだ。それこそ歯止めが効かなくなる。

同様にやられたからやり返すと云う発想も危険だ。殴られたから殴り返す。金を取られたから取り返す。そうした短絡的な発想の極致が戦争であることからしても愚行でしかないことは明らかである。あぁそれなのにそれなのに、人間は兎に角反撃が大好きだ。大好物だ。スター・ウォーズ然り、半沢直樹然り、劣勢な側に肩入れするのが堪らなく好きなようである。


だが冷静になって考えて見て欲しい。映画やドラマで登場人物の行動原理が描かれていない状況でも、同じように肩入れするかどうかと云うことを。例えば(貞本義行さんがキャラデザだからじゃないが)エヴァが碇ゲンドウの過去話を一切やらなかったとしたら、彼を擁護する人は激減するであろうし、半沢直樹にしても金が絡む以上綺麗事がまかり通るわけがないのに、彼の両親の設定一つで彼のやることが正しいとされてしまう。やっていることは金融業界の政争でしかないのにだ。

多分GREAT PRETENDERにも同じことが言えるだろう。騙されても仕方ない連中だから騙して良いと云うお話なのだから。








弱い者が強い者に知恵で勝つ。一見すればそういうストーリー構図だが、実際に彼らが弱い存在であるかと言えば否である。マフィアのボスから金を巻き上げたり、石油王を裏カジノで嵌めたりすることが、弱い者に可能なわけがない。詐欺集団の連中が脛に傷持つ者達であると描いているからこそ、見る側はウッカリ彼らを応援したくなってしまうが、基本的には強者に過ぎない。元々本物の弱者とは反撃などしない生き物なのだ。我の強い者同士の争いなど迷惑なだけ。

もしかすると、詐欺師に向いていない主人公の存在が無かったら、最後まで見ていなかったかもしれない。逆にそこをしっかり抑えてくれたからこそ、ご都合な茶番を堪能出来たのだろう。主要人物がほぼ死なない騙された側も陽気にさせるような優しい世界を、なんだかんだ言いつつ楽しんだ自分は救い難い人間だなと苦笑いしながらこれを書いている。最後にもう一度あの子の笑顔を見れた瞬間の表情など、誰にも見せられやしない.....




やり返せるだけの力があれば、そりゃあ誰でもやり返すのかもしれない。所詮何を言っても弱肉強食の世界なのだから。でも本当にそれで良いのだろうか?

この作品がフィクションで良かった。心底そう思う。





賞味期限切れの食材まで目を覚ます新世代のXboxと暮らし始めて思うこと

我が家に新世代のXboxがやって来て数日が経った。

特にローンチタイトルを購入したわけでもなく、Xbox One Xも買っていたためグラフィック面での向上で猛烈に感動と云うこともないのに、鼻歌でも歌いそうな勢いで気分よく使わせて貰っている。それは何故なのか?






まずはそう、普通にデザインの良さがあるかもしれない。語弊を生むかもしれないことを恐れずに言わせて貰えば、どんな出会いもまずは見た目で始まる物だ。中身など開いてみるまで分かるはずがないのだから。そういう意味においてXbox Series X(通称XSX)は、とうとう名前通りのシンプルさで登場してくれたから十分に心を掴んでくれた。箱を開封した瞬間から縦置きの際の上部排気口の”たわみ”かたや、その奥に潜むXboxを象徴する緑色の配置でメロメロ(死語)になった。



劇的な変化はないが、そこが良い。






開封してまず思ったのが「意外と小さい」だった。一昔前のマイクロタワーPCより小さいかもしれない。ただ重量はずっしり重く、相当凝縮されていることが伝わって来た。性能の賜物だと思うと、その重さすら愛おしくて仕方なかった。

実際電源を入れてみると、まあ兎に角音がしない。冷却用のファンの音が死ぬほど静かなのだ。「本当にこれで大丈夫?」死んだように眠っている老人を見かけた時のような不安感が喜びと共に訪れた。もしもXSXに初期不良の症状が現れるとしてたら、まず冷却関係のせいになるのではないか?とすら勘ぐってしまうほど静かで快適。これまでXboxはSSDに換装せず使っていたため、本当にこれは嬉しい変革だった。両機持ちの反応ではPS5より静かではないかと言っている人もおり、これは実際に試してみたいものだなと思うものの、ソニーさんの在庫は少な過ぎて我が家にPS5がやってくるのはいつになるか分かったものではない。





まあそんなことを言っても、正直PS5さんがやってきたところで、あまり触る暇はないかもしれない。任天堂さんにも申し訳ない気分でいっぱいなのだけれど(Switchでは、ほぼ数ヶ月ゲームをプレイしていない...)、兎に角Xboxのゲームパスや後方互換が快適過ぎて他に手が回らないのだ。ゲームパスに加入しておけば、マイクロソフトのゲームを発売日から遊べるし、サードパーティの新作も豊富で、今回のXSX発売に合わせてUltimateプランであればEA Play作品も遊び放題になった。快適な遊びを提供してくれるSSDではあるけれど、あれもこれもとインストールしていたら1TBなんてあっという間になくなってしまうのは玉に瑕....Xbox....なんて恐ろしい子........



最後に性能面の話をすると、既存ゲームのロード面の高速化やHDRによるエンコーディングが半端では無くて、XSX向けに最適化されたゲームでなくともサクサク美麗な映像を得られるのがたまらない。ネットには新しいゲームそっちのけで古いゲームをXSXで試すユーザーで溢れ返っている。複数のゲームの進行状況をキープしてくれる”クイックレジューム”機能も素晴らしく、これまたあれもこれもとプレイし易い設計になっており憎らしい。



カメラを動かしても以前のようなチラつきを感じられなかった。静止画像の綺麗さそのままが動いている感じ。PCユーザーはこのレベルを当たり前に体験していたのだろうか?


本当に買って良かった。初代をDOA3との同梱版で購入して以来、ずっとXboxと付き合い続けて良かったと心底思った。

やりたいゲームをやれる機械を買うのは大前提だし、両方買うだけの余裕がない人だって大勢いるのも分かっているけれど、それでも尚、Xboxを試してみて欲しい気持ちは”あの頃”から一切変わらない。買えない機械より買える機械。試すなら今しかないだろう。ファミコンが買えずセガ・マークⅢを子供に買い与えた親が居たように、PS5が買えなかった親がXSXを買うなんて光景があっても良いのではなかろうか?



将来的には、失望が感謝になっているかもしれないのだから.....🎮
posted by lain at 21:25北海道 ☔ゲーム

おっさんが愛す、おっさんの中のおっさん「機動警察パトレイバー後藤喜一ぴあ」感想

創作物の多くには人間が登場するわけだが、どうにも加齢のせいか10代よりは20代、20代よりは30代と、すっかり共感する対象の年齢が引き上がったのを痛感させられる日々が続いている。

そんな様であるから、当然"後藤喜一"と云う男への想いも、あの頃とは違う物になってしまった。”こんな人が上司だったら” ではなく、自分が”そんな上司”にならなくてはならない状況にあるのだから......

だらしない部分だけは、見習えているような気がする.......





高度成長期を迎えた日本が舞台の「機動警察パトレイバー」では、従来の重機から一歩進んだレイバーと呼ばれるロボットが土木、建設、その他多くの現場で活用されており、それによりレイバー犯罪を扱う部署が設立されるようになったと云う設定を元に、個性豊かな登場人物達が所狭しと活躍したわけだが、その中でも一際曲者で、誰よりもだらしなく誰よりも頼りになる水虫男が後藤喜一と云う人。

今では伝わらない表現の昼行灯と云う形容詞がぴったりな男でありながら、いざとなるとキレにキレた采配でもって事件を解決に導く策士と云う彼のポジションは本当に狡く、カチッと全て整った遣り手のイケメンなんかは直ぐに飽きてしまうのに、背が曲がり死んだカエルの目をしている後藤さんは、どれだけ一緒に居ても飽きが来なくて大好きだった。


それでもまさか、企画始動から30年以上経過した今になって、後藤喜一オンリーの本が出版されるだなんて思いも寄らなかった。一応の主人公である泉野明の本が出るのはまああるだろうと思ったけれど、ムサイおっさんの情報満載の本が企画として通ることなんて普通ありえない。たとえ架空の存在であっても、それだけ魅力的な人物だと実際に大勢が感じていなければ企画倒れも良いところである。編集者に相当後藤喜一シンパが居るのではないかと勝手に勘ぐってしまう。

だがそんなことはどうでも良いのだ。本当によくやった!読んで心底そう思った。アニメ版、漫画版、小説版、ドラマ版に至るまで余すことなく後藤さんの魅力を抽出しており、アニメ版で後藤喜一を演じた大林隆介さんと、後藤とは切っても切れない間柄である南雲しのぶ役の榊原良子さんのクロストークだの、押井おじさんへのインタビューに至るまで、全部後藤の為に集められた言葉、言葉、言葉で埋め尽くされている(絵もいっぱいあるよ)こんな本はもう二度と出ないことだろう。これだけの物を用意されておきながら、モタモタして買うのを躊躇っているパトレイバーファンが居たら、俺自ら東京湾に叩きこんでやるぞっ!と、榊整備班長も申しておりました(真顔)









俺も誰かにとっての後藤喜一になれていたら良いな....

そんなことをつい考えてしまうほど、彼への憧れは未だ色褪せていない。